2005年09月08日

世界で最も美しいネイキッド

黒ハート何度か雑誌で見て凄いな〜とか思ってみてたバイクがあります。

        VYRUS 984C32V


vyrus_01.jpg


ハブステア方式のフロントフォークを持つゲテモノバイ・・もとい
ネイキッドバイク。全てが3次元ビレッドのような美しく緻密な造形。
ため息が出るような美しさです。晴れ

価格は33900ユーロだそうです。え〜・・よくわかりません。
調べたらだいたい400マソくらだそうな。ふーん・・高っ!!!

しかもこのバイク買うと何と無料でイタリア旅行がついてきます。

カタログにはこんな案内が載ってるそうな
ヴァイルスのご購入プログラムには無償オプションとして、
ヴァイルス社訪問プラスご注文車両の現地での
仮納車プラステスト走行(ミサノサーキット)が付帯いたします。
お客様には4日間前後の日程の調整(休暇)をいただく事にはなりますが、
弊社としては是非ご参加をいただきたく思っております


つまり4日間かけて開発者のアスカニア・ロドリゴ氏が完璧にフィッティング
&セッティングをしてから日本に向けては発送すのですね〜チゴイネ!
てか会話は?通訳つくの?それても身振り?手振り?いやー気になるな。

言うまでもないでしょうがラテン兄ちゃんが手作りで組み上げていくので
当然少数生産です。確か世界限定50台・・・。
これでも工場の兄ちゃんからしたら
「これ50台も作るの?ウヘ〜〜」てな感じなのかな?

日本には2台程度しかないとか・・。
普通400万あったら車買うよな・・・でも俺400万あったら
VYRUS買うね。だって400万の車って別に国産の上級クラスだけど
買ったところで何も珍しくないし・・・。
だったら超スペシャルなバイク買ってイタリアに行ったほうが濃い
選択な気がするし。
マジョリティは嫌!どちらかというとマイノリティ好きなR一太郎でした!!

vyrus_05.jpg


vyrus_06.jpg

vyrus_08.jpg

vyrus_10.jpg

vyrus_07.jpg

↑アルミ削りだしのビレット感がいかにも高そう!!でも良い!!
カコイイ!!シャア専用って感じ黒ハート
このフレーム削りだすのにどんだけのアルミが無駄になったのかな?
かなり高級なアルミ使ってるんだろうな〜。
あ!もしかして超ジェラルミンかな?
         
ザクとは違うのだよ!ザクとは!
posted by コロリョフ at 05:18| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初!
とはいっても、しょっちゅう覗いてて
素人だから今までコメントできなかっただけなんだけどね。

VYRUS 984C32Vって
ランボルギーニみたいにいろんなセットメニューが付くんだぁ。
で、全部含めて400萬円くらいなら、お買い得?って感じてしまうね。

見た目がカッチョいいのは素人の僕が見てもわかるけど
400萬からセットメニュー代引いた金額で考えた場合には
価格にともなっているだけの中身も併せ持っているのかな・・・。
Posted by 薯 at 2005年09月10日 13:21
あらま!お初だね!歓迎するぜ。

んでVYRUSについてだけど中身っていっても
色々だろうけど走行性能だけでみたら特に
凄くは無いと思うよ。
だって心臓はDUCATIの空冷エンジンだし・・。
なので100PSチョイくらい?少なくとも
俺のR1のうほうがずば抜けて速いね。
(最近の国産スーパースポーツは170〜180PSくらい)
ただDUCATIもそうだけどイタ車(外車)って
絶対的な速さを求めてはいなくて、所有する
喜びや操る楽しさ等のプレジャー志向。

例えば・・

HONDA CBR1000RR→誰が乗っても速い。が!
自分でコントロールする余地が狭く余り
操る快感を得られない。
でもサーキットのタイム等の絶対的速さはある。
俺的にこういうのは「レーサー型」

対して

DUCATI 999 →絶対的パワーに欠け、
重量もかなりある。だがコーナーでの
切り替えし等、ハンドリングはずば抜けて
軽い。とよく言われているね。ライダーが
乗って「逝っちゃいそうだ〜」と
気持ちよくなれるバイク。
こいうのは「官能型」なんて言ってる。
イタ車はだいたい後者ね。

情報がないので判らないがヴァイルス
なんかも恐らく「官能型」と思われ。
だけど一番の注目するポイントはやっぱ
AKIRAの「金田のバイク」と同じ
ハブステア式のフォーク等を筆頭とする
メカ類。間違いなくメカ類のせいで価格が
上がってるね!
他にも削り出しパーツの多用も要因。
VYRUSはつまりそういうラインで大量生産
できない機構やパーツを満載した一つの
贅沢な手工芸品としての価値を求めてるのよね。
Posted by R一太郎 at 2005年09月11日 12:33
ふぅ〜ん、そうなんだ。

生産上、コストがかかっちまうのはわかった。
まぁ、仕方無いよね。
でも、わざわざ人間が削りだすってことはさ、
形状に問題があるか、もしくは精度が必要なわけでしょ?

普通は性能向上のために必要になるよな。
で、話の感じだと目的が違うと思うから、
一般人にはどうでもいいような
レアな機構のために金がかかってるわけね。
結局は物好き専用ってことか。

俺も「限定」って単語とかに多少惹かれる人間だから
完全否定はできないけどさ。
Posted by いも at 2005年09月12日 05:02
大形免許をとったら
何に乗ろうかなぁと
妄想をして
日々乗り越えています。
1000RRのレプソルカラーが
140万ぐらい。

人生で一度くらいは
攻撃的なバイクに乗っておくべき?

まだ夢想段階ですけど。
Posted by Kazuto at 2005年09月12日 09:33
Forいも
その通り!物好き専用バイクだ!
時計でいうならカシオのクオーツ式プラ時計
(G衝撃ね)のほうが電波補正、ソーラー発電、
耐水性に対衝撃性を備えて超高性でリーズナブル!!

なのにタグホイヤーの機械式ムーブメントの
時計を欲しがる心理と一緒だな。
タバコも100円ライターじゃなく
オイルライターに魅力を感じるのも
一緒か?並のジッポが5千円くらいだから
100円ライターに比べ価格は50倍
高けぇ・・・

Forカズト
いやあ〜せっかく世界に誇る4大メーカーが
ある国に住んでいてなおかつ最強スペックの
バイクが安く購入できるのだから是非
ホンダのフラッグシップCBR1000RRに
乗ってくれ!!しかも
スペシャルエディション(レプソル)で!
でも俺的にはテレフォニカモビスターカラーが
いいな〜。motoGPだとセテ・ジベルノーの
カラーね。
http://www.gao.ne.jp/~hrsbbc/newpage2.html
↑motoGPレプリカ仕様

http://www.honda.co.jp/WGP/race2005/formation/team-movistar/
↑最近はこのカラーリング
Posted by R一太郎 at 2005年09月12日 18:28
やべ、レプソルさんより
テレフォニカさんの方がかっこいい!

マフラーがケツと横から
出ているんだね。
レプリカ仕様かぁ・・・
これに乗って
R一太郎さんと
一緒に走ったら・・・と
妄想すると楽しい。

しかーし!!たかーい!!
乗れませ〜ん。
乗ってみたいけど〜。

頑張って金貯めよう。
Posted by Kazuto at 2005年09月12日 22:35
(・∀・)カコイイ!!
でしょ?
これなんすよ、この前のガソリン注入帰りに
ならんだのは。
俺も(・∀・)カコイイ!!てなったけど俺
Tシャツ姿のダラダラコンビニ仕様だ
ったので恥ずかしかった。

これあれよ、マフラーとかシングルシート
とかで高くなってるのよね〜。
だからマフラーノーマルにすればかなり
安くなると思われ。

http://www.motobum.co.jp/reprica/index.html

↑モトバムならコンプリートで130万と安いが
どうもクオリティがB-LINEより低い気が・・
マフラーもやっぱセンターとサイドの
motoGPタイプと比較するとモトバム
オリジナルマフラーがしょぼく見える・・。
Posted by R一太郎 at 2005年09月13日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6688497

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。